コース案内

コース主任挨拶

ライフエンジニアリング機構長 北本 仁孝(大学院物質理工学研究科 教授)


ライフエンジニアリングコースの目指すもの

東京工業大学は大学・大学院教育の大改革を行い、2016年4月より新組織体系による新たな大学・大学院教育課程を開始しました。その大学院課程における先進的な取り組みとして、従来の理工系専門分野を広く横断した学問領域融合型の“複合系コース”を設置しました。そのひとつが「ライフエンジニアリングコース」です。今世紀、人類の継続的な繁栄を脅かすような地球規模の社会的課題が山積しており、それらの課題を解決するためには、個々の専門分野だけにとらわれず、様々な分野の知識や技能を活かすことが重要となっています。「ライフエンジニアリングコース」では、健康・医療・環境などの人々の暮らしに深く関わる社会的課題に対して、それぞれの専門分野の最先端理工系科学技術を基盤とし、それらを融合した研究開発を遂行して新技術を創出する学問領域の教育を実施します。

そのために、機械工学、電気電子工学、情報通信工学、材料工学、応用化学、生命理工学という6つの学問分野を専門とする教員の中で、健康・医療・環境に関連する研究開発に従事する教員が集結して学生を指導する体制となっています。また、当該融合研究分野は産業界、自治体、医療機関等との連携により研究開発成果を社会に還元することが特に重要であり、健康・医療・環境関連産業の発展を通じて人材も成長します。よって産業界、自治体、医療機関等と連携した実践的な教育も積極的に実施します。

これらの教育により、「人を深く理解し、持続的な安心・安全社会の実現を志すライフエンジニアリング・プロフェッショナル」の育成に全力を注ぐ所存です。

ライフエンジニアリングコース主任
物質理工学院教授 北本仁孝